期間限定 20%割引 実施中

予約

【社長からのご挨拶】

10.23.2020

台湾出身の私が、ここ静岡県小山町に富士之堡華園ホテルをオープンしたのは2005年秋のことでした 。もともと私は、西武ライオンズ球団で「オリエンタルエクスプレス」の異名を持つ郭泰源(かくたいげん)投手の通訳に従事したのち、株式会社プリンスホテルに移籍し19年にわたり海外営業担当を勤めて参りました。いつかは自分のホテルを持ちたいと、その後、起業の道を選んだのですが、私にとって欠くことのできない条件がありました。それが「富士山」です。日本人の皆さんは不思議に思うかもしれませんが、台湾人含めてアジアの人々はみなこの富士山が大好きです。私も富士山に魅了された一人であり、ホテル業を営むなら富士山麓でしかないと心に決めていたのです。

 

その富士山麓での経営はいつの間にか15年を迎えました。この間、私がやってきたことは3つあります。1つは社員を育てること。おかげさまで「10年選手」も少なくなく、チーム一丸の結束力が おもてなしにつながっています。 2つ目は庭を育てること。迫力ある富士の絶景を楽しんでいただくには総合的なプロデュースが欠かせないと、丹念に手塩にかけて庭園を養って参りました。 3つ目は、食材や土産物はなるべく地元産を取り入れるなど、地域を意識した経営です。

 

愛する富士山とともに、ここ小山町に根を下ろそうと、汗をかいてきたのがこの15年間でした。そして今、私たちは こうした土台をベースにして「富士美華(ふじみはな)リゾート」として、新しい時代に挑戦しようとしています。どうぞ皆様の忌憚ないご意見をお寄せください。私たちはお客様のご意見を肥やしに邁進していく所存です。

 

代表取締役社長 薛森唐

お知らせ